保険診療について

 整骨院では日常生活やスポーツでの急性または亜急性の外傷(捻挫・打撲・挫傷)の場合、保険証を使用して治療することができます。整骨院を受診する場合、健康保険が使える場合と使えない場合があります。

健康保険が使える場合

急性または亜急性の捻挫(靭帯損傷含む)、打撲、挫傷(肉離れ)など。また、骨折、脱臼の場合は医師の同意が必要です。

健康保険が使えない場合(自費診療)

  • 日常生活の疲れなどからくる肩こり、腰痛、体調不良、その他筋肉疲労など
  • 慢性病や年齢からくる体の痛み
  • 外科、整形外科等で治療を受けながら、同時に整骨院で施術を受ける場合
  • 仕事中や通勤途中の労災の対象となる負傷
  • 交通事故などの第三者行為(原則として自賠責保険が優先されます)

交通事故の場合

交通事故によるむちうちや肩、腰の痛みなどはレントゲンやMRIでは分からないことがあり、病院では全治数日と診断されることがあります。また、事故後数日経って痛みが出てくる場合もあります。
当院では、自賠責保険にて交通事故による怪我を治療いたします。事故の状況やその後の症状を詳しくお伺いしながら、痛みのない日常生活に戻れるよう治療を行っていきます。
詳しくは受付にてお尋ねください。