人はなぜ山に登るのか。

こんにちは!先日昼休みに辛いカップ麵を食べていたらスープが目の中に飛び込んできてムスカ状態になったblossom整骨院院長の川下です!最近は梅雨の中休みでとってもいいお天気が続いていますね。気温も高くなってきていますので、皆様どうぞ夏バテや熱中症に十分注意してお過ごしください!

昨年は『コロナ太り』なんて言葉をよく聞きました。コロナ禍で外出が制限され、活動量が減った結果太ってしまった…。という方がいっぱいいたようです。私も例に漏れず、幸い目立った体重の変化はないものの、以前より明らかに活動量が減り、筋肉は落ち、何だか身体が重い…。体力が落ちた気がする…。とよく感じるようになりました。このままではいけない…。どげんかせんといかん‼と考えた結果思いついたのです。『そうだ、山に登ろう。』

思い立ったら早速リサーチです。私は福岡の山といえば宝満山‼と何故か思い込んでいたので、筑紫野市出身の患者様に「宝満山ってどうですか?初心者でも登れますか⁇」と聞いてみるものの、「あそこは中学の時遠足で登ったけど、キツすぎて二度と登らないと誓った」との返答が。

な  ん  で  す  と  ⁉

宝満山って、そんなに険しい山だったんだ…。完全な運動不足状態の私が今いきなり登ったらきっと大変なことになってしまう!と思い直し、初心者でも登れそうな山を患者様から教えて頂きました‼

①片縄山(那珂川市) 292.6m 那珂川市のシンボル的裏山。散歩がてら登る人多し。登山口から30分ほどで頂上に着く。

②天拝山(筑紫野市) 257.4m かの菅原道真公も何度も登ったと言われる、初心者向けの山。

③四王寺山(太宰府市、大野城市、宇美町) 410m 大城山、岩屋山、水瓶山、大原山の4つの山から構成され、総称として四王寺山と呼ばれる。

教えてくださった患者様、ありがとうございます‼これくらいの高さの山なら、初心者の私でも軽装で登れそうですね!ちなみに最初に私が登ってみようかなと思っていた宝満山、標高829.6mだそうです…。私はなんて無茶をしようとしていたんだ‼危うく本当に大変なことになるところでした(汗)でも!教えて頂いた初心者向けの山に登って、慣れてきたら宝満山にも挑戦して、いつかは九重連山に挑戦してみたいなあ…!と胸を高鳴らせていたところ、ふとあることに気付く。「そういえばウチの近所に、ちっちゃい山あったよね!?」

・鴻巣山(こうのすやま) 100m 中央区小笹と南区平和にまたがっている、ちっちゃい山。山頂付近に展望台がある。

これは初心者向けの山に登る前のトレーニングにもってこいではないですか‼と休日の夕方、散歩がてら行ってまいりました。南区長丘の登山口から山に入り、いざ登ろう!としたところ、真上の木に二羽のカラスが止まり、ガァガァと大きな声で威嚇しはじめた!「え!?私!?」慌てて登山口まで戻る。去っていくカラス。では別の道から…と整備された木の階段を登ろうとする。戻ってくるカラスたち。鳴きながら真上から木の枝を落としてくる。「これは…確実に来ないでっていってるよねぇ…。」やる気満々で登ろうとしたところカラスに追い返され、開始3分で登山は終了。泣く泣く帰宅する羽目に。家に帰ってから調べたところ、3~7月はカラスの繁殖期であるため、威嚇してくる場合、近くに巣や雛がいる可能性が高いそうです!そうだったのか…。あのカラスたちには大変申し訳ないことをしてしまった…。でも悔しいから、繁殖期終わったころにまた登りに行こう‼と固く心に誓った私なのでした!

次の日…登山口までの坂道を歩いただけなのに足が筋肉痛になった私がいました。九重連山に登れる日はいつかやってくるのか!?今後の展開に乞うご期待‼(謎)

このブログを読んでくださった方で、登山が趣味の方!初心者向けのおすすめの山があったら是非教えて頂けたら嬉しいです‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

祝!1周年!